インスリン抵抗性

インスリンが働いても細胞が受け取らない状態

インスリンの分泌が正常通りであっても糖尿病予備群となる事もあるようですが、こんな時に聞かれる言葉がインスリン抵抗性です。抵抗性と言うと、どこかインスリンが抵抗力を持ったようにイメージできなくも無い言葉ですが実際にはどうなのでしょうか。

正確には、インスリンがやる気を無くしたように変化するのではなく、インスリンに対する細胞の対応が変化するという事がわかりました。

本来、血糖値が高くなると血糖値を下げるためというか細胞内にブドウ糖を送り届けるためにインスリンが分泌され、ブドウ糖を細胞内に届く事で血糖値が下がりますが、この細胞がブドウ糖の受け取りを拒否する事があるようです。

この状態をインスリン抵抗性のようです。
つまり、インスリンに対して受け取る側の細胞が拒否した状態。

そうなると、インスリン自体が疲弊したりやる気をなくしたという事ではなく、受け取る側の細胞が対応しきれなくなったという事だとわかりますが、それだけ、過剰供給が続くと細胞としては「もう十分に間に合ってます!」と突っぱねる状態。

確かに、細胞内に取り込めるブドウ糖に限界があるとなれば、こうした状態が自ずとできあがってしまうのは容易に理解できます。また、インスリン抵抗性が高い人の特徴として肥満が関係しているそうですが、結局、リミットオーバーなんでしょうね。

また、高血糖が続くと結果的に血液がドロドロになり良くないという事からも理解できるように、血液がコレステロールでドロドロになると、インスリンの対応も遅れてしまいそうなものなので、結局、脂質が多い事との関係性が深いというのがわかります。