グルテンフリーはアトピー改善に良い?

アレルゲンを減らす事に繋がるので良いそうです

アトピー性皮膚炎は、本当に厄介な病気と聞きます。
かゆみのある湿疹が繰り返しできてしまうので、平穏な生活ではありません。

確かに、今では色々な民間療法も開発されていますが、劇的に効くというのは未だ発見されていませんからね。正確には、ヒットすると症状が劇的に改善するものの、そうじゃないと特に効果が見られない、といった感じみたいです。

ちなみに、最近話題を呼んでいるアトピーの民間療法としては、グルテンフリーが挙げられるみたいです。

グルテンフリーの食生活は、ダイエットに効果的とは聞いたことがありますが、なぜアトピーにも良いのでしょうか?

調べたところ、グルテンがアトピーの症状の原因になっているパターンが、一定数あると分かりました。

つまり、生まれつきグルテンへの耐性が弱い人が、グルテンを摂取すると、アレルギーとしてアトピーの症状が出現してしまうんです。そのため、小麦や大麦、ライ麦を日々の食事から抜くことで、グルテン不耐性タイプのアトピーの症状は、かなり改善するとのことでした。

確かに、グルテンによってリーキーガット症候群となれば、アレルゲンが小腸から体内へ侵入する割合が増えますから、それがアトピーを引き起こしている要因と言われてもおかしくありません。

ちなみに、困ったことに、グルテン不耐性という体質自体は日本人にもよくあるそうです。その関係上、グルテンを摂り過ぎることである日突然アトピーの症状が発現することも多いため、なるべくグルテンの摂取は気を付けた方が良いみたいです。